[170328/0501] 読書記録: コーチングの教科書


更新: May 1, 2017
作成: March 28, 2017

コーチングの教科書 (2010/4/22)
伊藤 守

  • 新入社員研修を終えても,いろいろと研修プログラム(職場先輩付OJT)が続くので,心機一転するために読もうと思って購入した.
  • 気になった部分をまとめていく.

信頼とは何か

  • 「信頼」というコミュニケーションのインフラがなければ,コーチングは機能しない

組織の中にある,信頼をカテゴライズしてみると次のようになります.
高い「正直さ」と,高い「能力」は,「信頼」をもたらす.
低い「正直さ」と,高い「能力」は,「消極的信頼」を引き起こす.
高い「正直さ」と,低い「能力」は,「不審」を引き起こす.
低い「正直さ」と,低い「能力」は,「信頼不足」を引き出す.

まずは聞く

  • 能動的に聞く
  • 話す側は,アウトプットすることで,自分の中にある情報を認識する.

質問力とは何か

  • 相手が必要としている情報を相手の中から引き出す力
    • 相手のアイディアを出させる
    • 問題をはっきりさせる
    • 目標までの過程を想定させる
  • 質問は一回にひとつだけ
    • 質問を重ねることで,関心を示す
  • お礼を伝える

話を聞くときに大切なこと

  • 相手が十分に話せるように待つ
  • わかったふりをせず正直に
  • 相手の求めていることを聞く
  • 訂正や批判などのネガティブな反応をしない
  • 相手の話に興味をもち,相づちを打つ